平成29年12月 定例会(12月13日)一般質問 その3

質問3 延命治療を望まない人のための救急について

 ピンピンコロリという言葉が市民権を得て久しいですが,どちらかと言えば,軽く使われているようです。最近では,終活と共に,リビングウイルという言葉が浸透しつつあります。

 人生の最終段階で延命治療を望まないという意思を明確にするために,「自分の命が不治かつ末期であれば、延命措置を施さないでほしい」というようなことを書いておきます。「生前意思」とも、「いのちの遺言状」とも呼ばれています。そして得た死のことを、「尊厳死」あるいは「平穏死」または「自然死」などと言います。尊厳死は,命を短縮させる意図を持つ積極的な安楽死とは全く異なるものです。

 厚生労働省は、昭和62年以降5回にわたって「終末期における医療」に関する検討をし,平成 5年からは、国民や医療従事者の意識や希望を把握するとともに課題を整理されてきました。

 平成10年までは,痛みを伴う末期の癌患者さんや、植物状態の患者さんが対象でしたが、高齢化が進むことに伴って議論の範囲が広がり,終末期から終末期医療という表現に変わり、
 平成24年の社会保障制度改革推進法成立によって、個人の尊厳・個人の意思の尊重の観点が加わっています。

 このような背景のもとで,患者さんに意思決定能力があり,家族の同意がある場合に,病院のカルテに延命治療を希望しないという意思の記載があれば,人生の終段階を迎えている延命治療を望まない患者さんが,病院内で心肺停止になった場合には,病院は,心肺蘇生などの救命処置を行わないこととなっています。

 しかし、自宅や高齢者福祉施設など、病院外で心肺停止状態になった場合は,家族や施設関係者が救急通報をしてしまえば,病院のカルテに延命治療を希望しない意思を記載されている患者さんであっても,その意思は尊重されず,救急隊は消防法の定めにある通り,救命を原則とした心肺蘇生を実施して、医療機関に搬送することになります。

 もし、延命治療を希望しない患者さんをかかりつけ病院に搬送した場合は、カルテで延命治療を希望しない意思を確認できますから,救命処置は行われないと思いますが,それ以外の病院に搬送された場合は,救命処置が必ずされることになります。

 尊厳死についての法整備が行われていない現状においては、延命治療を望まない人の意思を尊重する体制の整備は,望めないことであると考えています。しかし、現状で出来る範囲での環境の整備については,十分にしておく必要があると考えています。

 「地域福祉アクションプログラム推進協議会 キラッとプロジェクト」として,2017年3月発行の「いのちをまもる わたしノート」という小冊子が、配布されています。

(→事務局に合図して、画像に切り替える

 表紙には「もしもの時に開いてください」と書いてあります。

開いてみますと、1ページには使い方の説、2ページには個人情報を書くようになっています。
3ページには「病気」「薬」に関することを記入するようになっています。
4ページは,1「かかりつけの医療機関名・診療科」電話番号 そして 

2 「医療機関名」「診療科」電話番号を書くようになっています。

  その下に、予期せぬ時に とあります。

できる限りの延命治療(気管切開、人工呼吸)を望む

延命治療は希望しないが、痛みを和らげて欲しい とあり、望みの

項目にチェックを入れるようになっています。 

その他、具体的希望とあり、ここにもチェックして、自由に希望する事を、書き込めるようになっています。延命治療を望まない人は、ここに、延命治療は望まないと書き入れることになります。

 市民の方は、今のところ自分の意思を無視されないような環境を,自分で作る必要がありますが,とりあえずは,この「わたしノート」の活用が考えられます。

(→合図して画像を消す

こういうところで,このカードの利用者は今後増えていくのではないかと思われます。自宅に居られる方も高齢者福祉施設に入所されておられる方も,それぞれ対象者であることに違いはありません。

   そこで,

1.消防本部としては,救急要請の手引などを作成して,市民が前もって救急医療情報を資料として作成しておき、必要な時にそれを提供できるように,市民に対する啓発をされてはどうかと思います。

 延命治療を望まない人が心肺停止となった時に,自然に見守ってほしという意思を貫くには、そのことを救急医療情報として書いておく必要があります。そして、その確認のために問い合わせに応ずることが出来る家族や、病院、かかりつけ医の連絡先を書いておくことも必要です。

 慌てて救急車を要請しないことが重要ですから、そのような注意事項を書き入れておくことが望ましいと考えています。

もし,事情を知らない人が救急車を呼んでしまった場合、救急隊がその事実を確認さえできれば、その任務遂行の手前で止められるはずです。

救急養成の手引きは、救急隊が現場で悩むことなく救急活動を行うためにも必要だと考えますが、お考えをお伺いします。

 また、
2.芦屋市としては,延命治療を望まない方々が,自宅や高齢者福施設において心肺停止の状態になった場合に,速やかに主治医や高齢者福祉施設の契約医師への連絡を行えるよう,病院や高齢者福祉施設に対して説明会等を行っておくことが,必要だと考えています。
人生の最終段階において,延命治療を臨まない患者さんの意思を最大限尊重できるように,病院や高齢者福祉施設に周知し、協議をしておくことについての、市長のお考えをお伺いします。

2回目で、八高連 「救急医療情報」のお知らせを
映像で見せて、意見を求めます。

 

平成29年12月 定例会(12月13日)一般質問 その2

質問2 ラポルテの活性化とJR芦屋駅南の市街地再開発事業との関連について

 JR芦屋駅南地区第二種市街地再開発事業に関する都市計画決定告示が、今年の3月31日になされ,事業の施行にあたり事業計画や管理処分計画の策定の前提となる施設建築物の計画等に関し,適切な助言・提案が可能な事業協力者について,10月25日に開催した芦屋市市街地再開発事業協力者・特定建築者選定委員会で審査した結果を踏まえ,芦屋市は事業協力者を決定しています。議会においては,11月21日の建設公営企業常任委員会で,その報告を受けて審議しています。 

 巷では、再開発ビルの中にどのような施設が入るのかという辺りでの関心が高まりつつあります。

 12月1日の「まちづくり懇談会」での、ブロック6Aからの発言者と芦屋市とのやり取りからは,芦屋市と自治会との間に信頼関係を見いだせず,とても残念に思っています。

当の自治会長さんは、多くの来場者に向かい、当日の配布資料にあったJR芦屋駅南再開発市民案について,「持ち帰ってよく読んで、ご意見があれば言って来てください。」と、要望されておられました。

芦屋市は、「やみくもに何でも市の方で引っ張っていこうということではない。プランが出来つつあるところなので、表玄関にふさわしい一番いいものを皆さんと一緒に考えていきたい。」と,発言されていました。

今後、両者の関係改善と共に,まちづくり協議会の運営がうまくいくようにと切に願っています。

 さて,JR芦屋駅北地区第一種市街地再開発事業・第2地区のラポルテにおける芦屋都市管理株式会社の運営について,特に本館で営業されているオーナーさんからの不平不満を随分前から聞いていましたが,その多くは販促も含めた経費に掛かる不平不満ものでした。経費削減をしようとしても自助努力の部分を拡大するしか対応が出来ないというようなことでした。

 ところが,JR芦屋駅南の再開発事業が,よく解らないまでも,進んでいるような雰囲気を感じてきたということで,ラポルテ本館の関係者や,周辺の事業者,その他からの別の不安の声も高まってきています。それは、商業施設としての価値についての不安や、運営の方向性についてです。

 ラポルテが出来た頃は,天下の芦屋にお店があるということが,そのお店の評判を上げる宣伝効果があるということで,利益を上げなくても良いということで出店されていると聞いていました。

 そういう時代は終わっているのかもしれませんが,あこがれの芦屋の駅前の商業施設という価値には変わりがないはずです。芦屋駅前直近で,JR芦屋駅からデッキでつながっている良い条件であるのに,どうして選んでいただけないかという疑問への答えは後で述べますが,驚くべきことでした。

 駅前の一等地北側で起きていることの把握がしっかりされていることが,南側再開発にも必要なことですし,南北一体化のコンセプトを満足させることに繋がると考えるところでもあります。この度は,本館に絞っての情報であることをお断りしておきますが,「ラポルテは駅前の一等地だから,出店したいと思う。しかし、2階は雑居ビル風になっているので,出店の魅力を感じない。どちらかというとモンテメールを選びたい。」ということでした。
これが、芦屋市の駅前を選んでいただいても,ラポルテを選んでいただけることにつながらないという理由です。

 では、1階の状況はどうかと調べますと,予想以上で、さすが芦屋の一等地にふさわしい1平米あたりの売り上げ成績であることが解りました。この現実を,芦屋都市管理会社がどのように分析されているのか,興味のあるところです。

 平成29年芦屋都市管理会社の第31期決算報告書の事業報告書を見てみました。課題として挙げられているうちの最も重要な取組み課題は,建物の大幅リニューアルや駐車場の管理などの設備面ではなく,今後の利用に期待されるラポルテホールの運営でもなく,ラポルテの活性化を図る取り組みとして,前述した取り組みと同時に考えていく中での最重要課題は,報告書の中の言葉を使えば「テナントの計画的な入れ替えなど」ということになると考えました。

 計画的な入れ替えのためには,そのための改修計画も必要になる可能性があります。床の権利を持っておられるオーナーさんの一部は,不動産屋さんを通して,独自で入店者選びをされていると聞きました。そうされるよりも、全体的な効果を視野に入れた手法をとるために,管理組合や名店会の協力を取り付ける必要があります。簡単なことではありません。広い意味でのプロパティマネジメントの能力が求められるところです。
 そこで、芦屋市は,JR芦屋駅南の再開発事業において,南北の動線をはじめとして,南北一体的に考えての開発を目指すと説明して来ておられるので,大きく2項目に分けてお伺いしてまいります。
まず、

  1. 事業協力者の選定に当たり,ラポルテ活性化の課題を持つ芦屋都市管理株式会社との意思疎通ができるなど,そのあたりに関しての留意があったのかどうかということをお伺いします。
    また、
    事業協力者の選定条件は,JR芦屋駅南地区まちづくり基本計画を満足させることにとどまっているように見えます。しかし,北と南の一体化は,動線だけの問題ではないと考えるところです。保留床の処分方針等に関する提案書の34点中・店舗等保留床の処分方針等8点に、何らかの位置づけがあったのかどうか、また、配点の中に含まれていなかった場合として、芦屋市が意図する全体的な商業圏としての考え方を実現するためにラポルテの現状を多少でも踏まえたようなことが,面接に置いて見出されていたのかどうか,についてお伺いします。

    次に、
     次に先ほど芦屋都市管理会社の課題について,私なりに纏めてお示ししましたが,当初より現在に至るまで変わらずにある芦屋都市管理株式会社への不平不満の中に,誠に言いにくいのですが,人事の問題もあります。念のためお断りしていきますが,人格に関する不平不満ではありません。
     人事権は芦屋市にあるのではなく、芦屋都市管理株式会社にあると理解しています。しかし,芦屋市の部長経験者が歴代の取締役社長を務めることが慣例のように見えています。市民にとっては制度のように見えているということです。芦屋市は,都市管理株式会社の株保有率が48.3%で筆頭株主であることと無関係であるようには見えていません。
    そこで、このあたりの説明を加えていただいて
  2. 芦屋市における芦屋都市管理株式会社の運営や改革に対しての第31期事業報告書の期間の終わりである平成28年9月30日以降も含めての現状把握状況をお伺いします。また,
    芦屋市のまちづくりを預かる芦屋市として,芦屋都市管理株式会社の人事,機能,運営等に対して,どのような協力体制が出来ているのかお伺いします。

続いて,当面の取り組みとして,芦屋都市管理株式会社のデベロッパー機能を高めるために,2階部分で地権者の皆さんがお持ちの床を都市管理会社が借り受け,一体的に管理運営体制をつくることを,芦屋市が提案できないのかについてお伺いします。

更に,JR芦屋駅南再開発後のラポルテの将来を見通しながら,JR芦屋駅南再開発を進めていく中のどこかの時点で,再開発事業完了後に芦屋都市管理株式会社と連動,あるいは吸収する形での管理会社の設立を考えることは出来ないのかどうか,についてお伺いします。 

 

平成29年12月 定例会(12月13日)一般質問 その1

(→画像の切り替えを、事務局に指示する。

質問1:都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトについて

都市鉱山とは,1988年に東北大選鉱製錬研究所の南條道夫教授他によって提唱されたリサイクル概念です。地上に蓄積された工業製品を資源とみなして「都市鉱山」と名付けています。
地下の鉱山は、都市に流通している携帯電話やパソコン、小型家電などに姿を変え都市鉱山になっているという事です。また,日本の地下には、天然レアメタル資源がほとんどありません。
そうであるのに,使用済小型電子機器等に利用されている金属等の有用なものの相当部分が回収,再利用されずに廃棄されている状況であることから,更に持続型社会を目指すという意味で,2013年(平成25年)4月1日に使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)が、施行されています。
現状の回収率はわずか7.7%。使用済みの携帯電話は2億台以上,パソコン3000万台以上が,家庭などで保管されたままだといいます。
私は,都市鉱山という言葉が広がっていないことを気にしていましたので,バッチリと広がりを作ってくれそうなプロジェクトが始まって,大変嬉しく思っています。

  2015年6月、青森県八戸(はちのへ)市、秋田県大館(おおだて)市、岩手県一関(いちのせき)市の3市が東京五輪・パラリンピック組織委員会に「使用済み小型家電から回収した金、銀、銅をメダルに活用してほしい」と提案したことが始まりです。環境に配慮した材料を研究している茨城県つくば市にある一般社団法人エコマテリアル・フォーラムは2016年7月、100%リサイクルした金を使い、五輪のメダル規格をクリアした「金メダルの試作品」を製作し、実現に向けた署名活動をネット上で始め、10月21日には愛知県大府(おおぶ)市と地元の至学館大学、電子機器回収大手のリネットジャパンらが発起人となり、「都市鉱山メダル連携促進委員会」を旗揚げしました。レスリング女子の吉田沙保里選手ら、リオデジャネイロ五輪のメダリスト4人も記者会見に参加して「東京五輪では是非、リサイクルメダルの実現を」と呼びかけました。

 「東京2020参画プログラム」の公認プログラムの一つである「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020組織委員会 環境省 日本環境衛生センター NTTドコモ 東京都の主催で,2017年(今年の)4月から2019年3月頃までの目標に達する時点で終了となります。

全国各地から集めた使用済み携帯電話等の小型家電から、東京2020大会で使用するメダル、金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを、オリンピック・パラリンピック史上初の取り組みであるリサイクル率100%で製作することを目指しています。

このプロジェクトに参加している自治体は、2017年9月1日現在,全国で小型家電リサイクルを実施している自治体の約9割にあたる1,136団体にのぼっています。

一般社団法人エコマテリアル・フォーラムは東京五輪・パラリンピックのメダル全量をまかなう資源量を金9.6キロ、銀1.2トン、銅700キロと試算しています。ちなみに金9.6キロを全てリサイクルでまかなう場合、携帯電話なら32万台、パソコンなら5万台が必要だということです。
回収状況として,プロジェクト開始の4月から8月までのデータが公表されていまして,全国参加自治体による回収(携帯電話を含む小型家電回収)が約536t。NTTドコモによる携帯電話回収が、約130万台になっています。

 さて、参加自治体のHPを見てみますと、少数派ですが、ホームに参加していますという表示がある自治体,ごみ、リサイクルのサイトから探すと簡単にヒットする自治体もあれば、数回クリックしないとヒットしないところもありました。また,独自のキャッチフレーズを作っている自治体,懇切丁寧な説明をしている自治体もあれば,あっさりとした紹介で終わっている自治体もあります。 

芦屋市が回収ボックスを置いている場所、市役所北館の市民情報コーナー、市民センター、ラポルテ市民コーナー、青少年センターの様子を写真に撮っています。かなり、改善が必要だと感じました。

(→画像の切り替えを、事務局に指示する

 ●都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト 写真の説明

①市庁舎北館玄関から入って、市民情報コーナーに向かいますと、10円コピーの立て看板が、目に入って来ますので、取り敢えずそこを目指しました。

②10円コピーの看板の所に立ちますと、横にある「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」のポスターに気づきました。ここで上を見ましたが、入れるところが分かりませんでした。「入っていますか?」と聞きますと「1個くらい入っているようです」ということで、下から持ち上げて振ってみると、そんな様子でした。

③もう一度、ポスターを見ると、市長の写真があって「ご協力のお願い」がありましたが、文字の小さいことが、気になりました。

④回収ボックスは、携帯電話・スマートフォン専用の表示があります。

⑤次に、市民センターの2階玄関から入りましたが、ポスターを目印にしていたので、なかなか見つかりませんでした。受付を見渡して、やっと、受付の右端に横向きで置いてあるのを見つけました。

⑥次に、ラポルテにある「市民サービスコーナー」に行きました。まっすぐ向かいながら捜しましたが、見えないので、まず右手の方を見に行きましたが、ありませんでした。いったん外に出て左の方を覗くと、回収ボックスがありましたので、ほっとしました。

⑦別の日に、青少年センターに行きました。

⑧正面から見ると、ポスターが目に入りました。よれっとしています。邪魔だなあ~と思われているような感じに見えます。
回収ボックスは、場所をとらないようにでしょうか、市民センターの時と同じ横向きでした

回収ボックスが見えるところまで移動して、確認しました

⑩芦屋市のHPです。くらし から入って4クリック目で、この画面にたどり着きます。検索を使って、都市鉱山あるいは、メダルと入力すればスグですが、そうでないとわかりにくいです。

回収方法や、改修対象品は、各自治体で異なっています。しかし、芦屋市のように携帯電話に絞っているところは少ないように思います。

治体で異なっています。しかし、芦屋市のように携帯電話に絞っているところは少ないように思います。
因みに、明石市は明石市が回収する使用済小型家電 48品目目とあります。
尼崎市では,小型家電リサイクル法に基づく金属製小型ごみ,大型ごみ,臨時ごみ,持ち込みごみ中から,電話機(携帯電話を除く)・ラジオ・デジタルカメラ・ステレオ・ドライヤー・照明器具・時計など全26品を選別するピックアップ回収と、尼崎市等が主催するイベントで使用しなくなった携帯電話等を回収するイベント回収及びインターネット(パソコンまたはスマートフォン)によるお申し込みで、希望日時(最短翌日)に宅配業者が自宅から回収する方法の「小型家電リサイクル法」に基づく国の認定事業者が回収するサービスを行っている旨の表示がありました。 

そこでまず、 先ほど改修場所の写真を見ていただきましたので、 ご覧になった感想をお聞かせいただきたいと思います。

  1. 次に、芦屋市の回収量についての現状をお伺いします。
  2. そして,芦屋市が回収する品目が使用済み携帯電話だけである理由について     お伺いします。
  3. 最後に,この企画に芦屋市としての考えがあって参加されていると思いますので,プロジェクト終了のアクションに期待したいと思っていますが,小型家電リサイクル事業における構想についてお伺いします。

再質問
① 個人情報が漏れないように厳重な体制になっていることも知らせる必要が、あると思う。
情報を事前に消すように注意して、二度と取り出せないという説明は、舌足らずで、かえって不安を抱かせ、入れるのをためらうのではないか? 

②回収量を増やすのに、イベント回収が望ましいが、いかが?
 また、イベント回収では、その場で破壊して回収しているところもあるので、
回収方法については、検討をお願いしたいがいかがか?

③ ピックアップ回収をしているのなら、HPにその旨をかかないと、やる気が無いように誤解されます。芦屋市の小型家電回収方法が、ピックアップ方式なので、考えてみればそうか、と思い当たりますが、市民の皆さんには、多分分からないと思います。HPをもっと、わかりやすく改善することについてのお考えは?

④回収量によって、メダル何個分になったという結果を示して貰えることになっています。芦屋市は、その情報を得て、市民に報告をされますか?

  1. 次に、芦屋市の回収量についての現状をお伺いします。
  2. そして,芦屋市が回収する品目が使用済み携帯電話だけである

理由についてお伺いします。

  1. 最後に,この企画に芦屋市としての考えがあって参加されている

と思いますので,プロジェクト終了のアクションに期待したいと思っていますが,小型家電リサイクル事業における構想についてお伺いします。

再質問① 個人情報が漏れないように厳重な体制になっていることも知らせる必要が、あると思う。

情報を事前に消すように注意して、二度と取り出せないという説明は、舌足らずで、かえって不安を抱かせ、入れるのをためらうのではないか?  

②回収量を増やすのに、イベント回収が望ましいが、いかが?

 また、イベント回収では、その場で破壊して回収しているところもあるので、

回収方法については、検討をお願いしたいがいかがか?

③ ピックアップ回収をしているのなら、HPにその旨をかかないと、やる気が無いように誤解されます。芦屋市の小型家電回収方法が、ピックアップ方式なので、考えてみればそうか、と思い当たりますが、市民の皆さんには、多分分からないと思います。

HPをもっと、わかりやすく改善することについてのお考えは?

③回収量によって、メダル何個分になったという結果を示して貰えることになっています。芦屋市は、その情報を得て、市民に報告をされますか?