平成30年12月 第5回 定例会(12月11日) 質問3. 六甲砂防事務所の堰堤工事のための地質調査に関する問題点について  

高座の滝上流の堰堤計画の周辺問題について、順次お尋ねしてまいり ます。先ず芦屋市の埋蔵文化財との関係についてです 。  高座の滝の下のほうの駐車スペースから高座の滝すぐ上の堰堤から2番目の砂防堰堤の途中(中の滝の下方20メートルくらい)までモノレールを敷く工事がされていました。砂防堰堤工事を... Read More | Share it now!

高座の滝上流の堰堤計画の周辺問題について、順次お尋ねしてまいり
ます。先ず芦屋市の埋蔵文化財との関係についてです 。

 高座の滝の下のほうの駐車スペースから高座の滝すぐ上の堰堤から2番目の砂防堰堤の途中(中の滝の下方20メートルくらい)までモノレールを敷く工事がされていました。砂防堰堤工事を前提として、ボーリングによる地質調査のための工事だということが、後でわかりました。

続きを読む

平成30年12月 第5回 定例会(12月11日)質問2. 環境に配慮した水道経営について

 平成25年に厚生労働省 が策定した「新水道ビジョン」が示した将来の理想像及び具体的な方針に沿って、芦屋市は、平成21年9月に策定した「芦屋市水道ビジョン」を平成26年度に改訂、さらに29年度に見直しをして、「芦屋市水道ビジョン(29年度改訂版)」により、今後12年間の方向性を示されています。又、財政的な裏付けのもとで将来にわたって安定的に事業を継続していくための「経営戦略」も平成30年3月に合わせて示されました。これによって、管路更新計画、耐震化事業などの個別事業の計画を進められることと期待しているところです。
この水道ビジョンの中の環境配慮についても、41ページに記載があり、「芦屋市環境マネジメントシステム」「第3次芦屋市環境保全率先実行計画」に基づく省エネルギーの取組や、再資源化の取り組みが示されています。そこで、 続きを読む

平成30年12月 第5回 定例会(12月11日) 質問 1. 自然環境の把握について

1. 環境政策について 最初に特に、自然環境の把握について平成29年度の事務事業評価票 芦屋市環境計画等推進事業を参考にして質問を致します。「自然環境の保全」、「地球温暖化問題」を市民・事業者・行政で取り組むことを、大きな目的とされ、【平成29年度お実施内容】の現在認識... Read More | Share it now!